結婚の証人のリスク

結婚の証人のリスク

結婚の証人を頼まれた人が気になるのがそのリスクです。

 

友人に証人になってもらうケースはよくあります。

 

結婚の証人は署名押印をしたからと言って法的な責任を負うことはありません。

 

証人であって保証人ではないのです。

 

だれでも証人と聞けば借金の連帯保証人を想像しても無理はありません。

 

このあたりのことをよく説明してから証人になってもらいましょう。

 

 

 

婚姻届けには証人が2名必要です。

 

結婚の証人は基本的に成人なら誰でも資格はあります。

 

結婚の証人は2名必要ですが双方から1名づつというわけでもありません。

 

両親や兄弟、親戚誰でもがなる事もできます。

 

婚姻届と同様に離婚届、養子縁組、養子離縁の4種類の届け出には証人が必要です。

 


新生活が楽しいものになるようにするには世の中の仕組みなどにも興味を持つことです。


例えば結婚でも上手くいく人と失敗する人がいます。


その理由についてもいろいろと考えてみることがあなたの人生を豊かにすると思います。


ただ失敗しても、その失敗を糧にして、やりなおせばよいでしょう。


人生はやり直しがききます。大事な考え方だと思います。


日本人はとかく失敗を恐れます。


失敗はそれで終わったら失敗でやりなおせばよいのです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引越し業者を選ぶ時には比較するほうが安くなります。
これから引越し業者を選ぶのであれば比較しましょう

 


クリック↑

 

 

 


同市内の引越しが安くなるポイントはコチラ>>>