婚姻届けの届け出

婚姻届けには2名の結婚の証人の署名押印が必要です。

 

婚姻届けには2名の証人になってもらう人に署名押印してもらいます。

 

結婚する人が未成年の場合は父母の同意の署名捺印も必要になります。

 

婚姻届けを作成後に市町村役場に届け出ます。

 

正式に受理されればその日が入籍日になります。

 

土日祝日でも基本的に受理が可能ですが正式な受理ではない場合がありますので注意が必要です。

 


新生活が楽しいものになるようにするには世の中の仕組みなどにも興味を持つことです。


例えば結婚でも上手くいく人と失敗する人がいます。


その理由についてもいろいろと考えてみることがあなたの人生を豊かにすると思います。


ただ失敗しても、その失敗を糧にして、やりなおせばよいでしょう。


人生はやり直しがききます。大事な考え方だと思います。


日本人はとかく失敗を恐れます。


失敗はそれで終わったら失敗でやりなおせばよいのです。


 

 

 

 

 

 

婚姻届けのもらい方
婚姻届けの届け出
入籍に必要な書類
婚姻届けと入籍日
入籍はいつするのか
婚姻届けの証人とは?
婚姻届けの提出日とは
結婚の証人とリスク
婚姻届けの用紙はどこにあるのか

 


同市内の引越しが安くなるポイントはコチラ>>>