世帯主と戸籍の筆頭者の違いとは

世帯主と戸籍の筆頭者との違い

戸籍とは夫婦単位の家族の構成員から存在するものであります。

 

新婚夫婦などは新しい戸籍が生まれることになります。

 

 

一方の世帯主は住所が同一であればそのリーダーのものが世帯主になります。

 

ですから同じ住所に住む2世代家族の場合は世帯主はひとりだけということになります。

 

この場合は戸籍に筆頭者は2人います。

 

世帯主はこのように実際のリーダーがなりますので、もし死亡した場合は交代しなければなりません。

 

しかし戸籍の筆頭者は死亡したとしても戸籍の筆頭者であり続けることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 


同市内の引越しが安くなるポイントはコチラ>>>